運用資産を大きくするには効果的なローンの活用を

売却時の注意点

不動産を売却することで多額の現金を得ることができますが、少しでも高く売却するために、売却時における注意点をあらかじめ把握しておきましょう。不動産の扱いは、不動産会社に直接相談するとよいでしょう。

スムーズに行なう

任意売却は専門業者に依頼することでスムーズに行なうことができます。売却した価格より高く売却することもでき、資金がなくても行なうことができます。業者によって費用や内容が異なるため、事前に調べておきましょう。

初期費用が変わる

賃貸物件は一般的に、敷金礼金が含まれた初期費用が発生します。しかし、現在では敷金礼金がゼロになる物件が多く、これからそういった物件が増えてくると言われています。中古物件はもちろん、新築物件でも多くなりつつあります。

グレードの高さ

賃貸マンションにはいくつかのタイプがありますが、ハイグレードタイプの賃貸マンションには、一般的なマンションには無いいくつものメリットがあります。景観の良さをはじめ、日当たり、部屋の広さなどメリットの内容も様々です。

一味違う暮らし

一般的なアパートやマンションとは異なり、一味違った個性的なマンションに住むことができるとして、デザイナーズマンションが存在します。外観や内観はもちろん、セキュリティ面においても強化しています。

運用資産を増やす

ローンを組んで運用資産を大きくしよう

資産運用を不動産で考えているのであれば、中古ワンルームマンション等の収益物件を保有することと同時進行で上場不動産投資信託を保有していくと良いです。収益物件を保有するメリットは収益物件を購入する際にローンを組むことができるということです。ローンを組めば、運用できる総資産の規模が大きくなります。そのため、自分の手元に入ってくる収入も大きくなります。長期でローンを組むことができる投資商品は収益物件くらいしかなく、このローンを組むということを資産運用に取り込むことで、運用効率が飛躍的に上がるのです。ただし、収益物件は売ろうとしても、すぐに売ることができるものではありません。ここをカバーするものが上場不動産投資信託です。

株式を買うのと同じ感覚です

上場不動産投資信託は株式市場で売買されています。買ったり売ったりする感覚は株式と同じなのです。インターネットで取引できる証券口座を保有していれば、店頭に出向いたり、電話をしたりせずに、家のパソコン上で売買が完結してしまいます。指値をすることができますので、自分が買いたい価格や売りたい価格までずっと待っていることができます。証券化され、投資口が分割されており、同じものがたくさんあるため、焦らずに売買することができます。投資口価格もそれほど高くはないため、収益物件から得られた家賃収入の一部を上場不動産投資信託の購入に充てていくのも戦略の1つです。銘柄も豊富ですので、いろいろ見てみて気になる銘柄を見つけてみましょう。