運用資産を大きくするには効果的なローンの活用を

売却時の注意点

不動産の売却で注意するべき点

かつてこの国では土地が上がり続けていた時期がありました。土地が上がり続けていた時期は不動産を購入すると後々売却したときに大きな収益を上げることができると言ういわゆる不動産投資が流行りました。 ところがバブルが崩壊したと同時に土地の価格が下がり始め、それはで不動産を所有していた人は力で赤字に転落していきました。実は不動産の価格自体はバブル期の半分から3分の1程度に下がっています。果たして力が下落した状態で不動産を購入して売却することができるのでしょうか。 土地を購入してその上に建物を建てた場合収益となり得るのは駅前の一等地や都心部などごくごく限られた地域です。 不動産屋の口車に乗せられて土地を買う人もいますがそれを鵜呑みにせずに自分でよく調べることで真実が分かってくるはずです。

知っておくと良い情報など

投資目的で土地や建物を購入するにあたり気をつけなければいけない事は一体何でしょうか。 1つは仲介手数料です。通常土地や建物を購入する場合は不動産屋に仲介してもらいます。不動産屋が仲介することによって土地や建物を見つけやすくすることができまた手続きも不動産屋がやってくれるため簡単に契約をすることができるのです。 ただし売買契約は成立したら、仲介業者に一定額の仲介手数料を払わなければなりません。 多くの場合仲介手数料はその土地の3パーセントを上限とする金額を掛け算し6万円を足した金額が手数料になります。 もう一つは土地の価格です。土地の価格はいろいろな原因によって変わってきますが割と顕著なのが人口の増減についてです。人口が少なくなるこれからにおいて土地の価値が分かる事はあまり考えにくく、ごく一部の都市を除いて下落していく傾向にあるのです。投資をするにしてもじっくりとタイミングをうかがうべきです。