運用資産を大きくするには効果的なローンの活用を

スムーズに行なう

任意売却の価格など

任意売却は自分で行なえば手数料ゼロですが、大変な労力と時間が必要になり、時間がかかりすぎると競売が開始され手遅れになることもあるので、経験豊富な任意売却専門業者に頼むのが賢明です。経験の浅い業者に頼むと、希望価格で売れなかったり、時間切れで競売になったりして失敗することもあります。それほど複雑で大変なのです。 任意売却を行なう費用は成功報酬であり、物件の売却価格から代金が引かれます。なので手持ちの資金がゼロでも行なえます。その手数料は宅地建物取引法という法律で決まっており、「成約価格の3%+6万円+消費税」となっております。 さらに任意売却では、交渉次第で引越し代や当面の生活費(だいたい10万円から30万円)を捻出してもらえる可能性があります。競売では手元に資金を一切残せないのに対して、メリットが大きいといえます。

任意売却の歴史や変遷について

戦後の日本経済は、高度経済成長を続け、不動産価格も値上がりをつづけましたので、不動産の価格が担保割れするという事態はほとんど起きませんでした。そのため、任意売却という言葉を耳にすることはほとんどありませんでした。 ところが、バブルは崩壊し、40年続いた不動産神話も崩壊しました。さらにその後に起きたリーマンショックの影響もあり、不動産の価格が大きく担保割れするようになりました。そうして、大手銀行などは大量の不良債権を抱えることになり、そのような金融機関を救済する政策の一環として、任意売却が頻繁に行なわれるようになりました。 競売では物件がかなり安い値段で売り叩かれてしまいますが、任意売却ではほぼ市場価格で売れるので、債権を回収したい金融機関にとってもメリットが大きい制度です。今後もしばらくは不況が続きそうなので、任意売却という制度は今後も一般的に行なわれることと思われます。